ニュース
  • Home
  • ニュース
  • 研究成果
  • 「はやぶさ2」のタッチダウンで観測された小惑星リュウグウ表面の擾乱とそれから示唆される表層と軌道の進化史~小惑星探査機「はやぶさ2」観測成果論文のScience誌掲載について~

「はやぶさ2」のタッチダウンで観測された小惑星リュウグウ表面の擾乱とそれから示唆される表層と軌道の進化史~小惑星探査機「はやぶさ2」観測成果論文のScience誌掲載について~

小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星Ryugu(リュウグウ)の探査活動に基づく研究成果をまとめた論文が、アメリカの科学雑誌 Science(サイエンス)電子版に 2020 年 5 月 7 日(日本時間 5 月 8 日)に掲載されましたので、お知らせします。
論文の内容は下記の通りです。

プレスリリース詳細

惑星探査研究センターは「はやぶさ2」のほぼ全ての搭載観測機器の開発と検討に参画しており、うち、山田 学 主任研究員は光学航法カメラ(ONC)の開発と運用・研究を担当しています。

小惑星探査機「はやぶさ2」in PERC