PERCとは

施設・設備

高速度衝突実験室

PERCでは地球史における天体衝突の役割を実証的に調べるため、衝突実験室を設置しています。飛翔体加速装置を用いて実験室内で天体衝突を再現し、超高速度衝突によって引き起こされる様々な現象の解明に挑んでいます。より具体的には、高速ビデオカメラによる撮影、高速分光計による分光計測、四重極質量分析計を用いた発生ガスの組成計測などを実施しています。

火星環境模擬チャンバー

火星表層環境を模擬する装置です。1mほどの大きさの真空チャンバーで、火星大気と同じ温度(最低でマイナス120℃)、圧力(約1/100気圧)、大気の化学組成(二酸化炭素が主成分)を再現できます。火星着陸探査に使用される観測機器の試験などを行うことができます。

地球外物質分析室

太陽系の起源と進化の解明を目指し、各種分析装置や実験機器を通じて、多角的手法と多様な空間スケールで隕石をはじめとした地球外物質の分析・研究を行います。

衛星運用室

衛星軌道計算、アンテナによる衛星のトラッキング、衛星通信のためのコマンド生成/テレメトリ復調など、一連の衛星運用を実施する部屋です。

衛星通信用アンテナ

LIBSシステム

1パルス最大400 mJのYAGレーザと、レーザ光集光用およびプラズマ発光集光用の光学系と、エシェル分光計により構成されています。レーザ光を真空チャンバー内に設置した試料に照射し、発生したプラズマからの発光を集光して分光計で測定し、得られるスペクトル分析することで、試料の組成を調べることができます。測定試料を設置するための真空チャンバー。チャンバー内を真空に引いたり、任意の組成のガスを入れることで、宇宙や惑星表層の環境を模擬することができます。

アストロバイオ・ラボ

微生物を用いた基本的な実験及び形態学的観測を行っています。また、クリーンな環境での精密備品の洗浄・滅菌設備なども設置されています。

形態観測及びDNA/RNA染色に用いられるニコン社製蛍光顕微鏡

惑星探査技術開発室

宇宙機に搭載する機器を開発するために必要な測定装置や試験装置を揃えています。基礎実験や較正試験、さらにフライト品の組み立て作業などを行うことができます。

小型燃焼実験室

惑星探査用カメラ開発室

計算機室

PERCには各種サーバのほかに,数値計算に利用できるように並列化された計算機が複数あります。また、大量のデータを保存するための大規模ストレージも備えています。

テレビ会議室

多地点(単独最大6地点、連携により最大10地点)接続可能なテレビ会議システムを使用できます。