ニュース
  • Home
  • ニュース
  • 研究成果
  • 小惑星リュウグウでの人工クレーター形成実験から分かったこと~小惑星探査機「はやぶさ2」観測成果論文のScience誌掲載について~

小惑星リュウグウでの人工クレーター形成実験から分かったこと~小惑星探査機「はやぶさ2」観測成果論文のScience誌掲載について~

小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星Ryugu(リュウグウ)の探査活動に基づく研究成果をまとめた論文が、アメリカの科学雑誌Science(サイエンス)電子版 に2020 年3 月19日(日本時間3月20日)に掲載されましたので、お知らせします。
論文の内容は下記の通りです。

プレスリリース詳細

惑星探査研究センターは「はやぶさ2」のほぼ全ての搭載観測機器の開発と検討に参画しており、うち、 和田 浩二 主席研究員が衝突装置(SCI)の開発とそのサイエンス検討を担当、石橋 高 上席研究員が分離カメラ(DCAM3)の開発と研究を担当しています。

小惑星探査機「はやぶさ2」in PERC