プロジェクト紹介

観測運用

流星観測の流れ

  • ISS軌道予測を踏まえ、夜間観測スケジュールを予め登録し自動的に観測します.
  • 地球1周90分のうちISSからみて太陽が地平線の下にある時間は約35分間です.
  • ISSが1日に地球を16周するとして観測に適した時間は一日あたり560分になります.

meteor_opeflow



メテオの運用観測

  • 惑星探査研究センターのメテオ運用管制室ではNASAのネットワークを介して、ISS上のカメラの制御及び観測データの確認を行います。
  • ISSの軌道予測を踏まえ、夜間観測スケジュールを予め登録し、自動的に観測を行います。観測データはその日のうちにメテオ運用室で見ることができます。

meteor_ope

ページの先頭へ