研究員ブログ

[2017/08/03] ベピコロンボ打ち上げ2018年10月予定!

7月6日、ヨーロッパ宇宙機関と日本の宇宙航空研究開発機構は、日欧共同水星探査計画ベピコロンボの打ち上げが2018年10月の予定であると発表しました。この計画では2018年に打ち上げられて約7年間のクルージング期間を経て2025年に水星に到達して最高温度が350℃を超すような環境で約1年間の観測運用を行います。千葉工大が開発に関わった水星ダストモニター(MDM)は、その科学搭載機器の一つです。

ベピコロンボは、主に水星表面の様子を調べる表面探査機(MPO、ヨーロッパ側が開発を担当)と水星周辺環境について調べる彗星磁気圏探査機(MMO、日本側が開発を担当)の2機編成です。MMOの写真(JAXA提供)を下に示します。

11a2c05c20bbf91a2bcc7b76be5a1bd0_reduced3

(Copyright: JAXA/ISAS)

MMOはスピン衛星(4秒で1回転)で水星の赤道面にほぼ垂直の姿勢になります。直径1.8mの円に内接する8角柱形状で、高・中利得アンテナを含め高さ約2.4m(側面パネルの高さは1.06m)、2組の5m伸展マスト(磁場観測用)、2対の15mアンテナ(電場観測用)を持っています。(マストとアンテナは打ち上げられた後に伸ばされるので、上の写真では見えません。)

MMOは水星の固有磁場、周辺環境(磁気圏・太陽風との相互作用)、大気の観測を目的としています。水星ダストモニターMDMは、MMOの搭載機器の一つで、水星周辺のダスト粒子環境を観測します。まだ、衛星に取り付けられていない時のMDMの写真を下に示します。

dscn1413

この写真の右側、白い板状のものがセンサーで、左側の黒い箱がエレクトロニクス部です。センサーが白いのは、強い太陽の光を反射するための特別な塗料を塗っているからです。上のMMOの写真には、このセンサーが取り付けてあるのが写っています。分かりにくいかもしれませんが、探してみてください。

このセンサーは圧電性セラミックスという振動を電気に変える性質をもつ物質で作られています。実は、このセンサーの電極は千葉工業大学の工作センターで加工しました。下にセンサー裏面の電極部分の写真を示します。左側が加工したもの、右側は加工前のものです。

p1020898_reducedp1020899_reduced

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ側の開発の遅れから、ここ数年間、打ち上げが延期されてきましたが、いよいよ来年には打ち上げられることになりました。現在、MMOはヨーロッパ宇宙機関の試験施設に送られていて最終段階の試験を行っているところです。打ち上がってからも水星までは長い道のりですが、観測データ取得後のデータ解析の準備をしながら観測開始を待ちたいと思います。皆さん応援よろしくお願いいたします。

 

(小林正規)

ページの先頭へ