プロジェクト紹介

小惑星(3200)Phaethonによる恒星食の観測協力のお願い

8月21日の小惑星(3200)Phaethonによる恒星食の観測協力をお願いします!小惑星(3200)Phaethonは、ふたご座流星群の母天体です。1.4年の公転周期で黄道面から傾いた細長い楕円軌道を描いて回っています。近日点距離は水星より太陽に近く、遠日点では小惑星帯まで達し、一公転中にPhaethonの表面温度が200-1000Kまで変化するという非常に特殊な環境下にあります。Phaethonは普段は小惑星の顔をしていますが、近日点付近ではダストの放出が確認されており、活動的小惑星に分類される天体です。Phaethonから、小惑星2005UD(直径約1km)が分裂したと考えられています。また、Phaethonは、小惑星帯にある太陽系最大の小惑星(2)Pallasから分裂した可能性もあります。

JAXAはこの興味深いPhaethonの軌道に近づき、フライバイして近接撮像し、Phaethon周辺のダストや表面地形を調べるミッションを行います。ミッション名 はDESTINY+(Demonstration and Experiment of Space Technology for INterplanetary voYage, Phaethon fLyby and dUst Science)。

DESTINY+計画については次のサイトをご覧ください。
ミッション計画全容
[https://destiny.isas.jaxa.jp/]
DESTINY+で行うサイエンス
[http://www.perc.it-chiba.ac.jp/project/destiny-plus/index.html]

ミッションを成功させるため、実際に探査機による近接撮像が行われる前に地上から天体を詳しく観測することはとても重要なことです。Phaethonは2017年12月に地球に接近し、この際に多くの観測が行われました。測光観測や分光観測からは自転周期(3.6時間)や分光型(B型)が精度よく求められました。また、アレシボのレーダー観測からはこの天体の3次元モデルが得られ、PhaethonがRyuguやBennuのような赤道一帯が盛り上がった形をしていることがわかりました。

しかし、現在までの観測では表面の反射率がよくわかっていません。異なる観測から求められた天体サイズの推定誤差が大きいのです。この天体の真の大きさと形を直接知る方法として、小惑星による恒星食の観測があります。Phaethonの推定直径は4-6kmと小さいため、これまでは恒星の掩蔽を観測することは困難でしたが、最近、位置天文衛星ガイアのカタログがリリースされて、恒星の位置精度が極めて高精度になり、恒星の掩蔽が観測可能なほどに予報の精度が向上しました。ビデオレート(1/30秒)で観測してPhaethonの大きさを10%の精度で求めるには、掩蔽の継続時間が0.3秒以上、5%の精度で求めるには0.6秒以上必要となり
ますが、今年7月29日にアメリカ南西部で見られる7等星の食と、8月22日明け方に日本で見られる12等星の食が注目されています。このうち、8月22日の現象は、食の 継続時間が0.6秒で、現在の予報では、27時45分ころ北海道(主に函館市、北斗市)を通ると予報されています。(なお、7月末の時点では、東北北部(主に青森県)を通ると予報されていました。)対象星はぎょしゃ座にあり、11.7等星と暗いた め、30cm級の望遠鏡を約20台並べてビデオ観測する必要があると考えられており、これだけの機材をそろえるために、多くのアマチュア観測者の協力を必要 としています。

観測に協力いただける方は、DESTINY+サイエンス検討チーム(PhaethonOccult@perc.it-chiba.ac.jp)まで是非ご一報ください。
各観測チームの旅費は支給させていただく予定ですので、ぜひ我々の観測チームと一緒に観測してください。
DESTINY+サイエンス検討チームとの合同観測に参加する条件としては、掩蔽観測の経験のある方で、掩蔽観測機材一式をお持ちの方(今回は11.7等級の星が絶対時刻精度でビデオレートで撮影できることが必要です)です。

詳しい予報や観測計画、観測参加の条件等のお問い合わせは、PhaethonOccult@perc.it-chiba.ac.jpまでお願いいたします。予報は、直前に修正される可能性があります。ぜひとも多くの観測者のご協力をお願いいたします。

 

【2019年8月22日明け方の日本での小惑星Phaethonによる恒星食の現状予報と関連リンク】

IOTA (International Occultation Timing Association)による予報:
http://www.asteroidoccultation.com/2019_08/0821_3200_63740_MapA.gif
佐藤勲氏による予報:
http://www6338.la.coocan.jp/occultation/2019/J190821.003200.pdf
注記:上記予報は2019年7月29日の米国でのPhaethon掩蔽観測結果を踏まえ、改訂されました。

JAXAのDESTINY+ページ:
https://destiny.isas.jaxa.jp/news/

「小惑星ファエトンによる恒星食を観測して、フライバイ計画DESTINY+を支援しよう」
(アストロアーツ社ウェブ記事 2019年7月31日付け)
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10758_phaethon

【2019年7月29日の米国での小惑星Phaethonによる恒星食の観測情報】
http://occultations.org/campaigns/
http://iota.jhuapl.edu/20190729Phaethon.htm

米国での観測成果速報 (早水勉氏(佐賀市星空学習館、HAL星研)による解説記事)
「小惑星ファエトンによる恒星食、アメリカで歴史的な観測成功」
(アストロアーツ社ウェブ記事 2019年8月14日付け)
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10791_phaethon

 

(DESTINY+サイエンス検討チーム一同)

ページの先頭へ