ニュース

[2017/02/22] 「はやぶさ2」LIDAR 光リンク実験論文

「はやぶさ2」は目標天体リュウグウに向けて順調に航行を続けています.

 

「はやぶさ2」が2015年12月に地球に最接近した際に,地上からのレーザ光をレーザ高度計LIDARで検知する「光リンク実験」が行われ,光信号を検知することに成功しました.このときの地球から探査機までの距離は660万キロメートル.地球と月の平均距離のおよそ17倍にもなります.

この実験内容が,論文誌”Earth, Planets, and Space”に掲載されました.

 

実験の一般的な記述は,はやぶさ2プロジェクトサイトの記事
国立天文台RISE月惑星探査検討湿の記事
を,結果の詳細についてはオープンアクセスの論文をご覧ください.

ページの先頭へ